女性が頭を抱える更年期障害|対策を肝に命じて改善を目指そう

女医

メリットある治療と注意点

病院

直腸がんになると切除部位によっては、人工肛門になる可能性がありますが、適切な治療と日常生活を快適にするメリットがあります。直腸がんは、痔の症状と似ているため下血があっても放置してしまう人が多くいますが、下血はがんの症状でもあるので、医師の診察を必ず受けることが大切です。

詳細を読む

癌の転移による胸膜の炎症

ドクター

癌性胸膜炎とは、癌細胞が胸膜に転移し炎症を起こした状態の事です。この病気では、胸痛や呼吸困難といった症状が現れます。治療は胸水を抜き症状を緩和させた後、早期に原因である癌の治療を行なうのです。他にも、抗がん剤や放射線治療といったものがあります。

詳細を読む

誰にでも起こりうる病

婦人

原因

更年期障害は、主に女性が侵される病気とされていますが、もちろん男性もなります。その原因としては、ホルモン異常にあるとされています。中でも女性は、女性ホルモンが減少する、閉経を迎える前後になる方が多く、一般的には45歳から50歳とされています。ホルモンが原因とされているので、更年期障害の対策は難しいと考えられておりますが、対策は実際に存在します。具体的な更年期障害の対策は、日常生活の見直しにあるとされており、食生活を見直し、栄養バランスの取れた食事をとる対策や、睡眠をしっかり取ることにより更年期障害になる可能性を少なくすることが可能です。また、有酸素運動を取り入れることでさらに抑制に効果があるとされています。対策を肝に命じて改善を目指しましょう。

主な初期症状

実際に更年期障害を見分けるために、初期症状がいくつかありますので、思い当たる点が多い方などは一度、専門医に相談、検査をしてもらうといいかもしれません。更年期障害はホルモンバランスの乱れと、自律神経の不調が主に関わってきますので、ホルモンと自律神経に関わりの深い部位が初期症状としてあらわれることが多く、例えば、顔の火照り(ホットフラッシュ)、のぼせ、多汗、むくみなどがあります。また、体のだるさや冷え、頭痛など、風邪の初期症状にも似た症状も現れる為、よく風邪と間違われやすいです。それ以外には、胸の痛み・頻尿・尿漏れ・髪が抜けるなど数多くの初期症状があるので、該当するのが多い方は少し注意が必要です。

簡易検査と精密検査

看護師

大腸がんの簡易検査として便潜血検査がありますが、痛みや前処置がないことから人間ドックや健康診断で広く活用されています。大腸がんの検査には、精度が高く生検もできる大腸内視鏡検査やカプセルを飲み大腸内を観察する大腸カプセル内視鏡、バリウムを使用する腸注エックス線検査などがあります。

詳細を読む