癌の転移による胸膜の炎症|女性が頭を抱える更年期障害|対策を肝に命じて改善を目指そう

女性が頭を抱える更年期障害|対策を肝に命じて改善を目指そう

ドクター

癌の転移による胸膜の炎症

ドクター

胸膜が炎症を起こす原因

体内の臓器、または器官に発生した癌細胞が胸膜に転移し、胸膜に炎症が起きている状態を癌性胸膜炎と言います。最も癌性胸膜炎を引き起こしやすい癌が肺がんとされています。また他にも乳がん、悪性リンパ腫、胃がんなどが原因で、癌性胸膜炎が引き起こさることもあります。癌性胸膜炎の代表的な症状が胸痛です。特に運動時などに痛みを感じることが多く、症状が悪化すると呼吸をするだけでも胸が痛むようになっていきます。また高熱や呼吸困難、咳や血痰といった症状が現れることもあります。これらの症状が現れたら癌性胸膜炎を疑い、原疾患である癌の早期治療の為に、すぐに内科で検査を行って下さい。胸膜に転移した癌細胞は、密集せずバラバラに点在していく為、外科手術での除去が非常に困難とされています。その為、癌性胸膜炎の症状のコントロールと治癒の為には、早期発見が何よりも重要とされています。

癌による胸膜炎症の治療法

癌性胸膜炎の治療は、胸水が溜まり胸痛や呼吸困難などの症状が現れている場合には、まずは胸腔ドレナージを行って、溜まっている胸水を抜くことが第一選択となります。しかし原疾患である体内の癌の治療を行わないことには、胸水は何度抜いても溜まり続ける為、原疾患である癌の特定ができたら早期に治療を開始します。原疾患を治療することで、胸膜内の癌細胞も減少していくケースが多く、胸痛や呼吸困難などの症状も徐々に緩和していくとされています。癌性胸膜炎の症状が重度、または胸膜内の癌細胞の拡がりが重度な場合は、抗ガン剤による治療が主体となります。癌細胞を縮小させる為に、抗ガン剤治療に加え放射線療法が併用されることもあります。