簡易検査と精密検査|女性が頭を抱える更年期障害|対策を肝に命じて改善を目指そう

女性が頭を抱える更年期障害|対策を肝に命じて改善を目指そう

ドクター

簡易検査と精密検査

看護師

手軽に行える便潜血検査

大腸がんの症状のひとつに血便や下血がありますが、少量の出血の場合は目で確認ができず大腸がんを進行させてしまう可能性があります。少量の出血を見逃さないために、人間ドックや市町村の健康診断では便潜血検査を行っています。便潜血検査は、便を採取する容器に付いている棒で便を採取し検査機関に提出するだけの簡単な検査です。大腸内視鏡検査のように痛みや下剤を飲んだり食事制限などの前処置が必要ないことから、病院やクリニックでも手軽に行える検査として活用されています。便潜血検査は、少量の血液にも反応するため、痔を患っている場合は陽性反応が出る確率が高く、痔と大腸がんを判別するため他の検査が必要になる場合があります。

色々な検査方法

大腸がんは組織がもろく、大腸内にできた腫瘍の部分を便が通過することで組織が壊れ出血します。便潜血検査は、壊れた組織からの出血を見付けるために適した検査ですが、痔がある場合は他の検査が必要になります。大腸内視鏡検査は、大腸がんの精密検査として行われている精度の高い検査で、カメラを通して大腸がんを確認でき組織を採取することができます。他にも、腸内にバリウムを注入後さらに空気を入れ膨らませエックス線撮影を行う腸注エックス線検査があります。大腸カプセル内視鏡は、薬の形をしたカプセル内視鏡を水と一緒に飲み込み、カプセルに内蔵されたカメラで腸内を撮影し病変の有無を確認します。患者の体質や医師の判断により大腸がんの検査方法が決まるので、医師と良く話し合い最善の検査方法を選ぶことが大切です。